某大学院生とろこが勉強もせずに読んだりしてる本の独断的紹介コーナー


by dokushotoroko
最近、随所で話題になってる「猫村さん」
今日、たまたま書店でたくさん平積みされてたから、おもわず買っちゃった。

まぁ、なんというか、あのヘタウマ(失礼!)な絵。
やみつきですわ。
猫村さんの立ち姿が大好き。
ちゃんとお尻の穴があったりするし。
極度に擬人化された猫村さんだけど、猫の本能も忘れずに、
爪とぎしたり、近所の意地悪な家政婦に後ろ足で砂かけるシャッシャって動作をしちゃったり。

うちにも猫村さんがいてくれたらいいのになぁ~
うちのネコ様はなんの役にも立ちませんよ。。。

とろこ的オススメ度:★★★★★+★
[PR]
# by dokushotoroko | 2005-09-21 23:11 | ねこ

AtoZ(山田詠美)

最近、恋愛ものばっかり読んでるっす。

でも、このAtoZはなんか読んだことあるよな、
デジャブに襲われました。
ってか、ほんとに読んだことあるのかも。。。

なぜか主人公の夏美に妙に感情移入してしまいました。
はかない成生との恋愛とか、夫一浩との関係とか。
なんかわかる気がしたし、うらやましいような。
やっぱり、読んだことがあるのかもしれない。

興味深かったのは、
時田さんという夏美の会社の先輩。
「ぼくは勉強ができない」の秀美くんのお母さんなんだよね。
「ぼくは勉強ができない」を読んでいたときは、いまいちお母さんの仕事がなんだかわからなかったんだけど、凄腕の編集者だったんだね。カコイイ

同じ作家の作品で、他の作品に出てきた登場人物が脇役で出てくるのって、
すごく好きです。
勝手な思い込みかもしれないけど、
作者の登場人物への愛着のようなものが感じられて。
ああ、つながってたんだ、みたいな 発見もおもしろいし。

その点では、山本文緒も、けっこう他の作品の登場人物が出てきたりするよね。

とろこ独断オススメ度:★★★★☆
[PR]
# by dokushotoroko | 2005-07-24 01:55 | れんあい

電車男

a0023980_0481864.jpg

あたま使わないで読めるから、寝る前に適当に読んでる。
まだ、途中。
ってか、エルメスさんに初めて電話したあたり。

それにしても。
ネットの世界の話が結局本として出版されるなんて、世の中もまだまだアナログなんだね。
あたしは、パソコンの画面見るより、本の活字を読むほうが好きだけど。

でも、この本読んでると、にちゃんねらでもないのに、
もちつけ、とかがんがれとかにちゃんごに洗脳されていくのがこわい・・・

ノシ ってなんだろ?

これって、都市伝説みたいな話なの?


とろこ独断オススメ度:★★☆☆☆
[PR]
# by dokushotoroko | 2005-04-07 00:53 | いまさらベストセラー
a0023980_323778.jpg
待望の文庫化!!!
ずーっと待ってたんすよ、ハードカバー買うのガマンして。
とりあえず、上巻は読み終わりました。
やっぱり村上ワールドだね。
主人公が15歳なんて今までになく若かったので、ちょっと不安だったけど。
あと、猫としゃべれるナカタさん。
あたしも猫としゃべれるようになりたい。

とにかく期待どおりのはず。

感想については、読み終わり次第upします。

追記:読み終わりました~
ちょっとネタバレだけど、世界の終わりとハードボイルドワンダーランドと同じような感じがしたけど、ラストはぜんぜん違う。

とりあえず、アフターダークとはちがって、読了したぞ~って満足感が味わえた。
やっぱり村上春樹は二分冊以上の長編がいいね。
短編も好きだけど。
ちょうど1冊くらいの中編はあたしには物足りない。
スプートニクとか国境の南太陽の西もちょっと物足りなかったし。

すっかりナカタさんの口調がうつってしまった今日このごろ。
「とろこは頭があんまりよくないので、むずかしいことはわからないのであります。」



【蛇足】それにしてもこの人の本を読むといつも「あたしも物書きになりたい」っていう気持ちになります。
小学生のころからの夢。
いつかかなえたい。


とろこ独断オススメ度:★★★★★
[PR]
# by dokushotoroko | 2005-03-28 03:22 | むらかみはるき
a0023980_0203368.jpgあたしは、この人の作品が大好きです。
でも、世間的に姫野カオルコ好きってちょっと言いにくかったり。
(たとえば「江國香織が好き」とかっていうのとはワケが違う!!)
官能小説っぽいの多いし。
でも、単にエロだけじゃなくて、もっと深いものがあるし、文章も美しい。
不倫(レンタル)読んだとき、自伝的な内容なのかな~と思ったんだけど、
やっぱりご本人も官能小説家だったんだね。
しかもデビューは「団鬼六賞」!カッコよすぎです。

なんかね~、彼女には共感を覚えるんですよ。
女の子らしくない女の子だったってとことか。
自分とかぶる。
でも、実際には、キレイな方なんですよね~。

これは自伝というかエッセイらしいんですが、小説を読んだことがある人なら、
なるほど~という感じです。

とろこ独断オススメ度:★★★☆☆
[PR]
# by dokushotoroko | 2005-03-21 00:20 | ノンフィクション
a0023980_23572414.jpg
ひさびさに読書ブログを更新してみます。
記念すべき再開第1弾は元銀ホスである蝶々さんの「小悪魔な女になる方法」
これは、日記のほうでも書いたんだけど。
一見、下らなさそうなんだけど、
なかなかはげまされちゃったりする1冊です。
女の子なら誰しも「ある、ある~」って思っちゃうような記述も多いし。
まぁ、反感を感じる人にはおもしろくないんだろうけど。
あたしには、参考になるかどうかは別として、おもしろかったです。

まぁ、恋愛ノウハウを学ぶっていうより、生き方の姿勢というか、女の魅力とはなんぞや、っていうか、愛されたほうが幸せだよね、っていうか。
女として生まれたからには、顔形の良し悪しにかかわらず、かわいく、愛されて生きよう!みたいなポジティブなコンセプトで、落ち込んでるときとか、あたしってどうしてかわいくないんだろう、とかウジウジした気分のときに読むと、ちょっと前向きに生きようって気持ちにさせてくれたりするかも。

負け犬と小悪魔だったら、あたしは小悪魔になりたーい、と叫びます。
みなさんはどちらがお好みでしょうか?

それにしても、バカっぽく書いてるけど、蝶々さんはけっこう頭がいいんじゃないかな~
バカじゃ小悪魔はつとまりません。。。


とろこ独断オススメ度:★★★★★
[PR]
# by dokushotoroko | 2005-03-21 00:01 | いまさらベストセラー

夏の100冊

今年もこの季節がやってきた!
本大好きのあたしとしては、じつにうれしい。
文庫本が平台にうわぁ~と並んでる光景を見るだけでウキウキしちゃう。

そして、大好きなyonda?の応募者全員プレゼント
今年はいつもの携帯ストラップじゃなくてブックチャームですぜ。
めちゃめちゃかわいい♪
正直、もうストラップはいらんな~と思ってたので、やってくれたね!新潮さんって感じ。
いつも思うんだけど、このサービスって太っ腹だよね。
だって、送料も向こう負担でしょ?
新潮文庫、大好き!!
ふだんのyonda?クラブももちろん集めてますよ~
一度、ソフビ人形もらったことあるし。
今回は20冊のブックカバー狙いです。

ということで、今日は夏休み用に5冊も本買っちゃった~
早く読みたいなぁ。
[PR]
# by dokushotoroko | 2004-07-12 02:27 | そのた
a0023980_132829.jpgここで村上作品を取り上げるのって、はじめてかも。

基本的には、長編が好きですが、もちろん短編も読んでます。
あの人の短編って、後の長編の一部分になるようなものが多くて、おもしろいです。

この「レキシントンの幽霊」の中でいちばん印象に残ってるのは「氷男」。
「私は氷男と結婚した。」という冒頭の一文に、もうノックアウトですぜ。
私、寒いところが大好きなんです。南の島とかよりも、北の島。
バリ島行くくらいなら、樺太行きたい。
もっと遠くならアイスランド。
で、この話の舞台は私の中のアイスランドのイメージにぴったりだったんです。
すごく、寒くて、氷に囲まれた世界。
(実際のアイスランドはもうちょっと過ごしやすそうなところだけれども。)
ということで、オススメの作品です。

PS:関係ないですが、アイスランドってことで、永瀬正敏主演の「Cold Fever」ってやつを思い出しちゃいました。
たいした映画じゃないんだけど、アイスランドの観光ムービーとしてはよかったのではないかと。
だから、私のようなアイスランドマニア以外の人にはつまらないと思ふ。。。
あ、あと。脱線ついでに。
中島らも原作の「Lie Lie Lie」(トヨエツ、佐藤浩市出演)という映画にも寒そうなシーンがあるんですよ。北海道って設定なのかな~
どう考えても日本じゃない感じだったけど。ああいうのに憧れます。
でも、「北の国から」とかの富良野はいや。。。


とろこ独断オススメ度:★★★★☆
[PR]
# by dokushotoroko | 2004-07-05 13:29 | むらかみはるき
a0023980_22135.jpg6/29号の週刊SPA!のめんへる特集かなにかで、パニック障害の女の子のバイブルってことで紹介されてたので、買ってみた~。
アマゾンで品切れてたので、bk1でわざわざ買ったんだけど。。。
表紙はめちゃめちゃかわいいです。
この写真じゃわからないと思うけど、お薬の部分がちょっとでっぱってて、すごくいい。
でも、実際には中身はあまり写真などなく、かなり偏った体験談だった。。。
網羅的に薬が紹介されてるわけでもなく。

でもまあ、飲んだことある薬なんかについてコメントがあると、
「そう!そう!そう!」なんて共感してしまったりもします。
個人的には抗不安薬「レキソタン」のページがお気に入り。
「抗不安薬のフリスクスペアミント」ってのは言い得て妙ですな~
でも、私は5mgのレキソタンって実物は見たことない。

めんへる系ドラッグ以外にもバイアグラとか毛生え薬、ダイエット薬などについての体験談も載ってます。
あの下関マグロもなんか書いてるよ!

まぁ、使えそうな知識としては、スニッフのやり方とか、ネットでの合法的お薬入手法などでしょうか。

とまあ、ちょっと期待してたのと違う内容でした★

とろこ独断オススメ度:★★☆☆☆
[PR]
# by dokushotoroko | 2004-07-05 02:22 | そのた

バカの壁(養老孟司)

a0023980_2142.jpg今、読みかけですが、なかなか面白いです。
読みやすい口調で語りかけつつも、なかなか興味深い自論を展開していらっしゃいます。
先日、この本について、年配の方と話す機会がありましたが、その方のおっしゃることには、このような本は本来、ベストセラーになるような内容ではないので、驚いた、とのこと。
たしかに、タイトルのつけ方や売り出し方がうまかったのかもしれませんね。
いまや「壁」シリーズとして確立されたようですし。

現時点でのオススメ度:★★★★☆
[PR]
# by dokushotoroko | 2004-07-05 02:13 | いまさらベストセラー